インフルエンザの予防方法

インフルエンザの症状

インフルエンザの症状として最もわかりやすいのは、高い熱が出るという症状でしょう。
悪化すると40度以上の発熱が見られる可能性もあります。
普通あらわれる症状というのは、風邪と同じで、悪寒や筋肉痛、倦怠感や鼻水が主です。
一般的な体力や免疫力を持っていれば、それほど症状が悪化することはありません。
しっかり眠りきちんと薬も飲んでいれば、一週間程度で体はほぼ元に戻っているでしょう。
でも、40度以上の高熱がしばらく続くことも時にはありますので、インフルエンザという病気は処置を施さなくても治る病気というわけではありません。
見合った処置を施さなければ症状が深刻化して、肺炎を起こす場合も考えられます。
インフルエンザを発症するほうが風邪よりも危険とよく言われます。
というのは、色々な合併症が表れてしまう危険を秘めているからなのです。
前述の肺炎をはじめ、その他脳炎といった大病となりやすい病気も併発する場合があるのです。
体力が十分備わっていない場合、症状が悪化しやすいので、予防を心がけることが重要です。
風邪とそっくりで、素人の判断は困難なので、医師に相談することが望ましいでしょう。
病院で出された薬は優れた効果が期待できるので、長い時間をかけずに状態を治すことができます。
嘔吐や下痢などの症状が止まらないと体力がとても奪われるので、脱水症状があらわれることも考えられます。
高熱が出てしまった場合は、汗として排出されて体内の水分量が足りなくなるので、水分補給が重要です。
またインフルエンザの予防には乳酸菌が有効だといわれています。